ひでひでキャッシング~超入門

ひでひでキャッシング~借入の超入門

キャッシングはとても便利で、必要なときに手軽にネットやコンビニでお金を引き出すことができます。そこで20代から高齢者まで幅広い年齢層において利用されています。銀行系、消費者金融系、クレジットカードのキャッシングがあり、大手であったり中小貸金業者であったりなかには闇金融者であったりと様々に存在しています。

 

使い勝手はよいが自分のお金のように限度額まで引き出せることができますので、1歩間違えば返済が困難となる場合も考えられるようです。そこで特に初めての方はカードローンの仕組みを知ることは大切となっています。そこでここではひでひでキャッシングからの超入門編としてまとめてみましたので、今後の申込みの参考としてご覧くださいね!

 

カードローン申込みの基本条件

 

銀行、信販、消費者金融系などのカードローンの申込みには必ず条件はつきものとしています。無条件で貸しているところは、闇金と思っても間違いありませんので注意しておきたいところでもあります。一般的には満20歳以上からは当然としており、65歳以下、69歳以下など会社によっては様々としています。

 

また安定した収入があることはどこでも条件としていますが、そのなかでは配偶者に収入があれば専業主婦もOKとしているところもあります。また以前ではパート、アルバイトにおいても厳しかったのが一定の収入があれば申込み可能としています。

 

その他では保証会社を立てているところでは、その保証を受けることができることも条件としているところも銀行系ではとくに存在しています。

 

審査が通る、通らないの基準は?

 

お金を貸す側としては返済能力に信用性の2つを重視し、提出された書類から見極めるとしています。保証人、担保不要とし借入金額によっては収入証明書も不要としているとこも多々あります。そこで必要なものとして身分が確認できるものとして運転免許証、健康保険、パスポートなどのいづれかは必要となります。

 

その他基本情報としてネットなどに入力しますが、会社名や勤続年数、年収、居住年数などを正直に応えていきます。そこで嘘などを入力しバレテしまうことがあれば今後そこでの借入はないとし、他での融資も困難となる場合もありますので決して偽ることなく答えることが大事でもあります。在籍確認をするとしているところは多々あり、特に疑問を感じた場合には職場への電話連絡が行われます。

 

そして貸金業者では信用情報機関に与信し、これまでの延滞の履歴や債務整理による金融事故としていないかの確認をします。そこで何らかの問題が明らかになれば審査に落ちてしまうことが考えられます。特に任意整理、個人再生、自己破産を行って間もない方や5年を経過していない方では記録が消去されない限り融資はどこでも困難としています。

 

総量規制の対象、対象外とは?

 

多重債務の借入を無くすためとして、収入の3分の1の借入しかできないのが総量規制の対象としています。銀行では対象外とし、消費者金融では対象としています。

 

キャシングで失敗しないためには

 

大手カードローン会社では公式HPで返済シュミレーションができるとしたところもあります。自分の収入に合わせた借入が必要でまた、無理なく返済できるかが今後上手く利用することができ長い付き合いができるとしています。無理な借入は延滞となることも予想され、何度か繰り返すことで信用が低下し限度額が引き下げられたり今後の借入がストップすることも考えられますので注意しておきたい点でもあります。

 

他社との比較も大事

 

実質年率は貸金業者によって変わってきますので、特に銀行系では低金利とし、消費者金融では高めとしています。また借入の限度額も比較しておきたいところでもあり、今後大口での融資を希望するなら必要な限度額も把握しておきたいところでもあります。

 

そして申込み方法では、WEB完結申込みをしているところも多くあり、来店不要でのカード受け取りやカードレスとしているところなどもありますので自分にあった方法も確認しておきたいものです。また大手では女性をターゲットとしたレディース専門のカードローンも増えてきていますので関心を高めておきたいところでもあります。

 

まずは気になるキャッシングの会社を覗いて見る必要があり、カードローン人気ランキングなど参考比較としてご覧になるものよろしいのではないでしょうか。

 

消費者金融口コミ&評判