返済方式の種類

返済方式の種類・特徴まとめ

お金を借りた際の返済方式は種類があり、大きくわけると①元金均等返済 ②元利均等返済 ③リボルビング方式の3種類となっています。そして返済期間として①、②、③の順で長期間となり、それに比例して金利の負担も増加します。ここでは返済方式の3種類の特徴をまとめましたので、これからお金の融資を受ける方は参考としてご覧くださいね!

 

元金均等返済方式

 

元金充当額は毎月一定で利息の変動により、毎月の支払い額が異なっていきます。そして借入額を支払い回数で均等に割った金額と、借入残高に対する利息の合計額を支払う方式をいいます。メリットとして元金の減少に伴い支払いが進むにつれ毎月の返済額が少なくなり、最終的な金利の総支払も少なく済むことがあげられます。しかしデメリットとするなら支払当初の返済額が大きくなってしまうため、経済的な負担がかかってしまうことがあげられます。

 

元利均等返済方式

 

毎月の支払い金額を固定する返済方式となります。借入残高に対する利息の変動に応じて、返済額に対する元金の充当割合が変動します。毎月の支払い金額が同じとしていますので返済計画が立てやすくなっています。しかしデメリットとして始めのうちは元金にかかる利息の割合が大きく、元金均等返済方式に比べて元金が減るのが遅く最終的には支払い総額が多くなるということがあげられます。

 

リボルビング方式

 

  1. 定額方式
  2.  

    元金定額リボルビング方式は毎月の支払い額の元金充当金額が固定され,借入残高に応じた利息との合計額を支払う方法としています。そして元利定額リボルビング方式は毎月の支払い額は定額のリボルビング方式となり、借入額に対する利息から毎月支払う利息分を定額とし残りの支払い額が元金に充当されます。

     

  3. 定率方式
  4.  

    毎月締め日における借入残高を確定し、元金定率リボルビング方式では借入残高に対して指定した割合(定率)で返済する方式となります。そして元利定率リボルビング方式は、借入残高に定率を乗じた返済額に加えて利息を支払う方式をいいます。

     

  5. 残高スライド方式
  6.  

    毎月の返済日においての借入残高を確定しておいて、その金額に応じて段階的に返済額や返済定率を変更する方式のことになります。