専業主婦のキャッシング・カードローン

昨今の女性はバリバリに働いて旦那さんよりも給料が高いという人もいますが、多くの主婦はパート、アルバイトとして生活費の足しにと扶養控除内で働く方も多く存在しています。また専業主婦として家庭を守っている人もおり子育てに一段落したお母さんや育児に奮闘中としているママさんなどがいます。

 

近年では様々なカードローンにおいて必要なときにお金を借りることができるとして、利用している人が多くいます。そこで、専業主婦もキャッシングできるのか?関心を高めている方も少なくないようです。銀行、消費者金融においてまず最初の問題とするのが申込み条件としています。ここでは専業主婦でもカードローンが利用できるところを紹介していますので、これからの参考としてご覧くださいね!

 

専業主婦急増!キャッシングの理由は?

 

  • 生活費の不足分を補う
  • 子どもの教育費
  • ブランド品購入
  • パチンコ、パチスロなどギャンブルにハマる
  • ママ友との過剰な付き合い

 

理由は様々とし景気回復とも言われていますが、特に中小企業では給料の昇給もなく賞与の引き下げなどとしているところは今もなお多く存在しています。そのため家計は火の車としているところもあり、子どもが小さいところや働けない事情があるところでは、生活費の不足分を補うためキャッシングしてはやりくりしている家庭も少なくないようです。

 

また十分な旦那さんのお給料としていても、趣味にお金をつぎ込んでしまう主婦の方では内緒でのキャッシングをしている方もいるようです。

 

収入3分の1の総量規制がネック?

 

2010年6月施行改正による貸金業法における総量規制によって、収入のない主婦のお金の借入ができなくなりました。そこで消費者金融では総量規制対象としていますので、専業主婦で収入がない方は融資を受けることができません。しかし銀行では対象外としていますので、働いていない主婦においてもお金を借りることができます。そこで銀行のカードローンに注目し、専業主婦でもキャッシングできるところが下記になります。

 

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 東京スター銀行スターカードローン
  • イオン銀行カードローン
  • じぶん銀行じぶんローン

 

主に配偶者に収入があることを前提とし、配偶者の同意が必要、不必要としているところがあります。そして専業主婦の場合では借入限度額は少なく30万~50万が一般的としており、それ以上も見られますが適用される金利はどこも最高金利となることが予想されます。