金利適用方式の種類・特徴まとめ

住宅ローンの際にはどの金利方式を選択するかは大事としています。特に高額の借入となりますので、金利適用方式の種類を知りそれぞれのメリット、デメリットを把握することも大切となっています。住宅ローンは老後の生活資産のプランニングも視野に入れて選択することもポイントとなるようです。ここでは金利適用方式の種類の特徴をまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

 

変動金利型

 

  • 年2回、金利が見直され5年間は返済額固定の場合が多いことが特徴
  •  

  • 低金利期や金利下降期には低金利メリット
  •  

  • 急激な金利上昇期には未収利息が元金に組み込まれ、元金が増え適用金利が上がると毎5年に返済額がアップするデメリット

 

変動金利型(上限金利特約)

 

  • 年2回、金利が見直されるが、上限金利を超えることがないとした特徴
  •  

  • 期間内は上限金利以上に金利が上がらず、低金利期や金利下降期には低金利メリット
  •  

  • 適用金利が上がると返済額はアップ
  •  

  • 上限金利が設定されている分、変動よりもリスクは抑えめとしているがその分金利は高め

 

固定金利(全期間固定)

 

  • 全期間適用金利が変わらないのは特徴
  •  

  • 低金利時に借りれば、将来の金利上昇リスクを回避することができ家計管理がしやすい

 

固定金利(段階金利型)

 

  • 11年目に金利がアップするのが特徴
  •  

  • 途中で1度の金利上昇はあるものの、低金利時に借りれば将来の金利上昇リスクを回避することができる
  •  

  • 金利は1度変わるだけなので、比較的家計管理しやすい

 

固定金利型のデメリットとして金利下降期に借りると金利負担が大きくなる可能性もあり、金利が低下して金利差が一定以上になったら借り換えを検討する必要もあるようです。

 

固定金利選択型

 

  • 固定期間終了後、金利状況に応じて固定金利か変動金利か選ぶことができる
  •  

  • 金利上昇が続くと最初から長期の固定金利にしておいた方が有利とし、金利下降が続くとしたら最初から変動金利にしておけばよかったと後悔も